本当に怖ろしいドメイン、サーバの更新忘れ

Pocket

 今日は経営者の方、店長さん、企業内でのWEBの担当者の方など向きの記事です。

 お店や企業のサイトを立ち上げたとき、ドメイン(biyori.netといったようにサイトのURLにつける名前のこと)やサーバ(レンタルサーバ、VPS、クラウドなど)を直接契約したほうがいいか、サイトを制作した業者に任せたほうがいいのか。

 一概には言えませんが、誰が担当するにしても、やってはいけないことは分かっています。ドメイン、サーバの更新忘れはしてはならないということです。

 サーバの更新を忘れるとと、契約切れしたとたんにデータやプログラムが失われます。バックアップがとってあれば復旧はできますが、復旧には時間と費用の両方がかかります。その間、サイトは消えてしまっていますから、販売や広報活動の機会を失うと同時に「あらやだ、あの会社、倒産したのかしら?」とお客様から不審を買うこともあります。

 ドメインの更新を忘れると、最悪、ドメインを別の会社なり個人が買って、買い戻せないか、買い戻すのにけっこうな金額がかかることがあります。co.jpドメインなら企業固有のものと主張して回復をはかることもできますが、.comや.net などだったら、個人でも変えてしまうものですから、ドメインがとられてしまって、お客さんから、あなたの会社が他人に奪われたように見えるかもしれません。

 というわけで、ドメイン、サーバの更新忘れは本当におそろしいので、気をつけましょう。

 では、また!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です