Archive for 2月 2013

CMSのテンプレート(テーマ)は既存のもののカスタマイズではなく、自作のHTMLから作ったほうがよい

 CMSのテンプレート(テーマ)について。
 CMSの標準のテンプレート(テーマ)には、そのCMSのすべての機能を盛り込もうとしているのか、ものすごく複雑になっていることが多いです。
 それゆえ、使い始めた頃は何が何やらわからず、そのまま使うか、画像だけ差し替えて使う場合が多いのではないでしょうか。

 しかし、自分が作りたいサイトは、テンプレートのようなサイトでしょうか?
 多くの場合、そうではないと思います。

 そのCMSの理解のためにも、自作のHTMLに必要な関数だけ埋め込んだものを作ったほうがいいと思います。

WordPress を利用したサイトのモバイル対応にWPtouch 以外の選択肢を Any Mobile Theme Switcher

 WordPressを例に、モバイル対応のお話。
WordPressを利用したサイトのモバイル対応といえば、有名なプラグインである「Wptouch」をインストールすることが多いと思います。インストールして対応完了。簡単ですね。しかし、簡単ゆえにオリジナリティが出しにくいですし、独自色を出していくためにカスタマイズしてもプラグインのアップデート時にモバイル用テーマが上書きされてしまったという悲しい話も聞きます。万が一、WPtouch の開発が停滞したら…、という懸念もあります。

 そこでWPtouch を使わない方法を考えてみることにしましょう。
 選択肢のひとつが、「Any Mobile Theme Switcher」というプラグインです。User Agentを見て、それぞれの機器用のテーマに振り分けていきます。WordPressの一般的なテーマが使えますので、導入に大きな混乱はないものと思われます。ただし、テーマは添付されていません。モバイル用のテーマを選んで導入するか、自作する必要があります。面倒は面倒ですが、オリジナリティの高いデザインができるのは嬉しいですし、挙動が理解しやすいのはいいことだと思います。
 そして、WordPressを利用したサイトにかぎらず、そろそろ、これぐらいのきめ細かな対応が必要なのではないかとも思います。
 Any Mobile Theme Switcherは下記のような画面で設定できます。